Posted 5 hours ago
Posted 22 hours ago
Posted 1 day ago
Posted 2 days ago
「う、うむ…実はな…」
茂みから恥ずかしそうに出てきたのは年端もいかぬような幼い娘であった。俺は最初こそ驚きはしたがしばらくその娘を観察するうち、その特徴的な言葉使いと、抑揚から滲み出る高潔さからその娘はかつての友、李徴であると確信した。
「へ、変じゃろ?このような姿…」
(via hutaba)
Posted 2 days ago
Posted 2 days ago
Posted 2 days ago
Posted 2 days ago
Posted 2 days ago
Posted 3 days ago